カードローンとクレジットカードの大きな違い

気になっている銀行系カードローンとクレジットカードについて軽くお話しましたが、この2つについて深く掘り下げてみようと思います。

世の中にはクレジットカードとカードローン用のカードと言った似たような形式のカードが存在しています。どちらもお金を借りたり商品を購入することに使用できるため、同じようなものだろうと考えている人も少なくないと言えますが、実際にクレジットカードとカードローンを比べてみるとそこには全く違う顔があることに気づくのではないでしょうか。

 

カードローンとクレジットカードの根本的な違いとは?

まずクレジットカードとカードローンの違いを説明する場合に知る必要があるのが、クレジットカードはカード会社が発行しているカードであり、カードローンのカードは消費者金融や銀行と言った金融業者が発行しているカードだと言う事です。

根本的にカードを発行している会社自体が違いますので、その時点で大きな違いがあるともいえます。それとクレジットカードは商品を購入するためだけに使用出来るカードであり、カードローンはそのカード自体では商品を購入することが出来ないカード、お金を融資してもらうことに特化したカードと言うことになります。

 

クレジットカードで出来るのは?

クレジットカードで出来るのは商品の購入だと言いましたが、それはどういう事かと言うとクレジットカードには基本となる利用限度額が定められており、その限度額までであればクレジットカードの所有者が商品購入時にクレジットカードを使用して商品を購入することが出来るカードです。

カード使用時にカード会社が利用者に代わり代金を立て替えて支払いを行い、後日利用金額に対し設定された金利での利息を上乗せして請求するというのが基本的なクレジットカードのシステムとなっています。分割を利用すればそれだけ支払いが延びることになるため、カード会社に支払う利息も増えることになりますし、逆に翌月一括といった方法で支払いを行えば最低限の利息の支払いで済むということになります。

この点はクレジットカードの初期設定によって大きくその仕様が異なりますし、分割回数もカードによって全く違うため全てのカードが同じ仕様になっているということはないと言えます。利用限度額も収入などにより大きく異なりますし、カードに付帯されているサービスなどもカードのランクによって異なると言えます。

 

クレジットカードにはランクがある

クレジットカードの場合、カードローンとは違いカードに数段階のランクがせxtる呈されていると言えます。通常はスタンダードやエコノミーと呼ばれるカードですが、ランクが上がるとゴールドカード・ブラックカード・プラチナカードと言ったような特別なカードが設けられています。

このカードのランクは利用者の収入によってランク付けされており、カードのランクに見合わない収入の場合は利用者がどれだけ望んでもそのランクのカードを作成することは出来ない仕組みとなっています。カードローンの場合は利用限度額の上限が設けられてはいますが、基本的には全て同じカードとなりますので、ランクというものが存在していないと言えます。一部収入が多い人に対して特別なカードを発行している金融業者もいますが、基本的には誰もが同じカードを使用することになります。

カードローンと違いクレジットカードのランクはその人のステータスとなる場合が多く、カードのランクにより収入なども分かるためゴールドやブラックと言ったプレミアムカードを持つことは社会人として一段階階段を上に上ったと見なされる場合も多いと言えます。

この点がカードローンとクレジットカードの違いで、カードローンを持っていても羨ましがられることはほぼ無いと言えますが、ゴールドやプラチナと言ったクレジットカードに関しては社会的地位が高いことを示すものとして羨望の眼差しで見られることが多いと言えます。

 

カードローンの特徴とは何か?

クレジットカードが商品を購入するためのカードだとしたら、カードローンは一体何を擦るためのカードなのでしょうか。カードローンの場合、基本的にそのカードで商品の購入は一切できませんから、商品購入に使用するためのカードではないと言えます。

カードローンは商品購入ではなく利用者にお金を融資するために特化したカードですので、簡単に言えば簡単に借金の出来るカードと言い換えることが出来ます。借金と聞くと非常に印象が悪いと言えますが、クレジットカードで分割払いをした場合も結果的にはカード会社にお金を支払って貰ってそれを返済していることになるわけですから、考え方を替えればクレジットカードも借金と言えるのではないでしょうか。

しかし商品を買うということと、お金を融資してもらうと言うことは世間的に見た場合カードローンのほうが印象がどうしても悪くなってしまいがちです。これは商品ではなく現金をやり取りしていると言う先入観がカードローン=悪い印象・クレジットカード=ステータスという偶像を作り上げていると言えます。

 

カードローンは貸金業法で営業をしている

カードローンの場合、貸金業法と呼ばれるお金を貸すための法律下での営業を行っています。この貸金業法には総量規制と呼ばれる規制が設けられており、基本的には年収の三分の一以上の貸し付けが出来ない仕組みとなっています。そのため働いていない人はカードローンの契約が出来ない仕組みとなっています。ただこれは消費者金融の話であり、同じカードローンでも銀行に適用されない法律となります。

銀行の場合は独自の銀行法での営業となるため、総量規制もありませんし専業主婦の利用も可能な場合があると言えます。そのためカードローンの場合に関しては同じようなカードだけれどその法律が違う2つのカードローンが存在していることになると言えます。この点がカードローンの仕組みを複雑にしている点だと言えますし、利用者が困惑する原因ともいえます。

クレジットカードの場合は割賦販売法と言う法律での営業のため、貸金業法とは関係ないと言えますし、総量規制も割賦販売法では適用されないためクレジットカードでの物品の購入金額が仮に年収の三分の一を超えていたとしても何ら問題が無いと言うことになります。そのためカードローンにある規制がクレジットカードには適用されない、逆にクレジットカードのように使用し商品を購入することがカードローンでは出来ないと言った大きな違いが生まれることになります。

 

クレジットカードとカードローンの違いが無くなりつつある?

クレジットカードとカードローンは知れば知るほどその違いが大きいことが分かると言えますが、しかし近年ではあれほど違いがあったクレジットカードとカードローンの違いが徐々に無くなりつつあります。これは両社がだんだんその距離を縮めているためで、クレジットカードはカードローンの、カードローンはクレジットカードの顧客を獲得しようとしている構図が見て取れると言えます。

 

クレジットカードのキャッシング機能とは?

まずクレジットカードのカードローン化を見ていくと、最近のクレジットカードにはキャッシング機能付きのものと、キャッシング機能の無いものとが存在していることが分かるのではないでしょうか。このキャッシング機能とはクレジットカードの使用限度枠の一部をキャッシング出来る、いわゆるカードローンと同じようにお金を借りることが出来る機能となっています。

このキャッシング機能の登場により、今まで商品を購入することしかできなかったクレジットカード一枚で、カードローンのようなお金の融資も可能となったためクレジットカード利用者の利便性は格段に向上したと言えます。そのためクレジットカードのキャッシング枠を利用する人は年々増加傾向にあると言えますし、商品購入のためにクレジットカードを持つのではなく、キャッシング枠の利用のためにクレジットカードを持つと言う人も増えたと言えます。

 

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの違い

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンとの違いはズバリ支払方法にあると言えます。基本的にカードローンの場合毎月支払う最低金額が決められており、その金額は借りたお金の総額で変動することになります。例えば10万円借りた場合には最低支払額が5000円、30万円借りた場合には最低支払額が1万円と言いう具合です。そのため多少多額のお金を借りた場合でも月々の支払いは少なくて済むため非常に使い勝手が良いと言えます。もちろん支払い期間が長引けばそれだけ利息の支払額は増えてしまいますが、利便性においては非常に優れていると言えます。

ではクレジットカードのキャッシングに関してはどうかと言うと、キャッシングに関しては基本的に支払いは翌月一括で返済する形になっているものが一般的だと言えます。要するにキャッシング枠を利用して10万円借りた場合には翌月10万円+利息の支払いが必要だと言う事です。そのためカードローンと同じように使用すると翌月多額の返済が待っていることになります。この点がカードローンとキャッシング枠の大きな違いだと言え、キャッシング枠の使い方を誤ると支払い不能と言うことも起きる場合があります。

このようにキャッシング枠の利用には非常に注意が必要となりますが、最近ではこのキャッシング枠の支払い方法にリボを利用できるクレジットカードも登場しており、本来10万円借りた場合は翌月10万円返済が必要だったものが、支払いをリボに変更することによりリボ払いで設定している金額の支払いに変更が可能になります。

例えばリボを毎月1万円に設定していれば、10万円+利息を毎月1万円+利息の支払いで返済していくことが可能になるわけです。もちろんリボにすることにより返済期間は延びますので、それだけ多くの利息の支払いは必要となりますが、上手に利用すればカードローンと同じように利用することが可能になるため、キャッシングをリボ払いに変更できるクレジットカードはさらにカードローンに近い存在だと言えます。

 

キャッシング枠の取り扱いに注意

クレジットカードでお金を借りることができるキャッシング枠は非常に便利な存在だと言えますが、キャッシング枠の取り扱いには注意が必要だといえます。何故ならキャッシング枠の取り扱いに関しては、クレジットカードであってもお金を貸すと言うことになるため貸金業法での取り扱いとなるためです。クレジットに関しては割賦販売法での運用となりますが、キャッシングに関しては割賦販売法ではなく、カードローンと同じ貸金業法での運用となります。そのためキャッシング枠付きのクレジットカードの場合、割賦販売法と貸金業法の異なる2つの法律での利用を行う事になります。

クレジット機能の利用については割賦販売法での運用ですから総量規制などの規制は無いわけですが、キャッシング枠に関しては貸金業法での運用ですのでカードローンと同じく総量規制の対象となりますし、キャッシングの場合全く利用していなくても総量規制の規制対象となるため取り扱いに注意が必要だと言えます。

例えばクレジットカードに30万円のキャッシング枠があるとすると、それだけで30万円の借り入れいう認識となります。これは1円もキャッシングを利用していなくても関係なく、キャッシング枠があるということが総量規制の対象となるわけです。そのためキャッシング枠付きのクレジットカードを複数所有している場合には、自分でも気づかないうちに年収の三分の一近くの借り入れがあると言う状態になってる場合もあります。

そうなると初めてカードローンを利用する場合でもすでに総量規制で定められた限界値に達している場合もあるため、カードローンの審査が通過できない、カードローンが利用出来ないということもあり得るわけです。逆にすでにカードローンを利用していて年収の三分の一程度の借り入れがある場合には、カードローンの利用額が総量規制の規制対象となるため、新しくクレジットカードを申し込んだ場合にキャッシング枠が申し込み出来ないと言うことも起きると言えます。

そのためカードローンとキャッシング枠はお互いに干渉する存在であると言えますし、利用を間違えると両方に影響が出てしまう結果になります。特に利用しないクレジットカードにキャッシング枠が備わっている場合には、それだけで総量規制の対象となるので出来るだけ使わないクレジットカードは作らない、もしくはキャッシング枠を無しにしたクレジットカードを作る方が良いでしょう。

 

カードローン会社のクレジットカードとは?

カードローンとクレジットカードの距離が近づいていると言いましたが、その最たるものがカードローン会社が発行しているクレジットカードです。有名なものではアコムが発行しているACマスターカードが有り、このクレジットカードの特徴は申し込んだその日のうちにクレジットカードの発行が出来ると言う点です。

通常クレジットカードの発行には厳しい審査があるため1週間~2週間程度の時間を要するわけですが、アコムの発行しているACマスターカードの場合、通常のクレジットカードとは異なり、クレジット機能とカードローン機能のみに特化したカードとなっています。簡単に言えばクレジットカードに付帯しているような保険サービスなどを一切省き、クレジットとカードローンの利用だけが出来るカードとなっていると言えます。

さらに言えば、クレジットとカードローンの比率もカードローンに比重を置いたものとなっているため、審査に関してもカードローンの基準で行われるため、即日審査・即日発行が可能になっていると言えます。ACマスターカードの場合、カードローン部分はアコム、クレジット部分はマスターカードの利用となるためそれぞれに貸金業法、割賦販売法が適用されることになります。この点はキャッシング機能付きのクレジットカードと同じだと言えますから、キャッシング機能付きクレジットカードとクレジット機能付きカードローンはほぼ内容が似たようなカードと言えるでしょう。

 


私の最近気になるカード、即日発行

今ちょっと気になっていることが2つあります。まずは、銀行系カードローンがいまや主流になってきているということ。なんとなく金利が高いイメージがありますが、最近は、安定した金利です。そして2つ目は、先日見つけた“セゾンカードインターナショナル”というカードで、即日発行というくくりで見つけたものだったのですが、これがなんともスマートなカードで。

もちろん即日発行できるカードはいろいろありますから調べるといってもすぐ終わるだろ、と思われるかもしれませんが、お世話になってる知人が即日カードを探しているのです。その知人の願いというのが「できるだけ使いやすいやつで!」というものだったので、今もこうして調べているというわけ(笑)

知人にすすめるだろうし、むしろ私も使いたいかも、というほどのものだったのですね。まず発行までがスピーディーで、24時間いつでもインターネットお申し込みもできるしあとの審査から
カード受け取りまでも時間がかからず、人と場合によっては即日発行も可能。

次に、気になる年会費ですが、これは無料。しかも永久。また、カードを利用することで貯まるポイントも永久不滅。そして、日本国内・海外を問わず、キャッシング・ショッピングどちらにも使えるというオールマイティさ。ポイントを貯めた後の交換できる商品も豪華で、商品券やマイレージ、生活に役立つアイテムやショッピング利用代金そのものにかえることもできるという汎用性もなかなかです。

と、どれをとっても特筆すべき点ばかりだったのです。知人は忙しいので、へたしたら私の方が
これを先に持つことになりそうです♪